協和産業株式会社

〒761-0113
香川県高松市屋島西町1958-2
TEL:087-843-3301
FAX:087-843-9167
営業時間:8:30〜17:00
休業日:第2・4土・日・祝日

日本ポリオレフィンフィルム工業組合
ご挨拶

 1950年代に開発されたポリプロピレンは、目覚ましい発展を遂げ、今やあらゆるシーンで使われています。用途は、袋・容器等の包装資材、文房具、家電製品、日用雑貨、自動車部品、医療器具など多種多様に渡り、我々の生活は合成樹脂の代表的製品であるポリプロピレン抜きに語ることはできません。

 弊社は水冷式インフレーションポリプロピレン(IPP)フィルムの専業メーカーです。創業以来脇目もふらず、IPPフィルム製造に徹してきました。協和産業の歴史はIPPフィルムの歴史といっても過言ではありません。

 社会の変化に伴い、要求される内容も異なってきました。創業以来のトレードマークである高品質を維持しながら、短納期・小ロットに対応すべく、長年のノウハウから培われた高度な技術を核に、製造機の拡充も図り、皆様のご期待を裏切らないように鋭意努力しております。環境問題にも積極的に取り組み、再生原料を70%以上使用したフィルムの開発にも成功、エコマーク商品として脚光を浴びています。

 しかしながら、時代が変わっても変わらないものがあります。専業メーカーとしての誇りです。IPPフィルム製造を通じ、社会に役立つ。お客様、仕入先様、協力会社様あっての協和産業であるとの言葉を肝に銘じ、日々の企業活動を行っています。社員一同、常に前向きな気持ちを忘れず、仕事を通して人格向上を図りながら、社会貢献になお一層励んでいきます。今後も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。


経営理念・行動指針・協和産業語録
経営理念私たち協和産業社員一同は、
IPP製品を極め、
仕事を通じて人格向上に励み、
社会から認められ、求められる企業になります。
行動指針私たちは作業の上手な「ベテラン」ではなく、
仕事のできる「プロ」になります。
 協和産業語録*作業:決められたことを、決められた通りにするだけのこと。
*仕事:決めたことを、さらに自由にこなすこと。

*ベテラン:キャリアが長く、経験や知識を持っているだけの人。
*プロ   :キャリアを生かし、さらに知恵を働かせて、新しいものを
        クリエートできる人。
会社概要
会社名協和産業株式会社
代表者代表取締役 松岡聖士
所在地《本社》
〒761-0113
香川県高松市屋島西町1958-2
TEL:087-843-3301
FAX:087-843-9167
Home Page : http://kyowa-s.co.jp/
創業年月昭和39年12月
資本金3000万円
従業員50名
事業内容ポリプロピレンフィルム、PPテープ、PPロープの製造
会社沿革
昭和39年12月資本金150万円にて協和化成株式会社設立
 代表取締役 稲井 清一
 専務取締役 松岡 正則
昭和40年10月商号を協和産業株式会社と改称
昭和44年11月資本金600万円に増資
昭和44年12月資本金700万円に増資
昭和46年 3月資本金1200万円に増資
昭和49年 5月代表取締役に 松岡 正則 就任
昭和49年11月資本金3000万円に増資
昭和63年 8月新社屋竣工
平成2年第1号多層押出機を導入
平成15年 9月代表取締役に 佐柄 敏弘 就任
平成20年 9月代表取締役に 松岡 聖士 就任
アクセスマップ
所在地】                
〒761-0113
香川県高松市屋島西町1958-2
TEL:087-843-3301
FAX:087-843-9167

【車でお越しの場合】                     
高松自動車道「高松中央」I.C.より10分

【電車でお越しの場合】                 
JR「高松」駅より     タクシー約20分
JR高徳線「屋島」駅より 徒歩10分